新着情報

  • 就業規則の基礎知識
  • 業務案内
  • 事務所案内/ご挨拶
  • 新着情報
  • よくある質問
  • お問い合わせ
トップページ > 新着情報

新着情報

個人向けの休業給付 10日申請開始 (2020年7月13日)

雇用調整助成金を使えない中小企業などの従業員が対象となる「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」の受付けが10日に始まる。休業者が勤め先を通さずに国から生活資金がもらえるもので、申請には事業主の指示で休業していることの証明書などが必要になる。

厚労省集計 非正規の解雇・雇止め1.1万人 (2020年7月13日)

厚生労働省が5月25日から全国のハローワークを通じて集計した結果によると、新型コロナウイルスの影響で解雇、雇止めとなった非正規雇用労働者が7月3日時点で1万1,798人に上ることがわかった。

イデコ上限 月最大2万円に (2020年7月13日)

厚生労働省は、確定給付企業年金(DB)に入る会社員が個人型確定拠出年金(イデコ)に拠出できる金額を現在の月最大1万2,000円から2万円に引き上げる案を示した。2022年10月からすべての会社員がイデコに加入できるが、DBを導入している企業の社員の掛け金は現行では月最大1万2,000円で、導入していない企業の社員の月最大2万円と差があるため、この区別をなくすことを検討する。

マイナンバーカード情報をスマホに搭載 (2020年7月6日)

政府は、行政のデジタル化を進めるため、マイナンバーカード情報をスマートフォンに読み込んだうえで、生体認証など暗証番号に依存しない仕組みを検討する。10万円給付で暗証番号やパスワードを忘れた人が市役所などに殺到したため、スマホの生体認証機能を使って本人確認を可能にする方針。

有効求人倍率 46年ぶり下げ幅 (2020年7月6日)

厚生労働省の発表によると、5月の有効求人倍率は1.20倍(季節調整値。4月から0.12ポイント低下)となったことがわかった。下げ幅は、1974年1月に次ぐ過去2番目の大きさとなった。総務省発表の5月の完全失業率は2.9%(季節調整値。4月から0.3ポイント上昇)となった。また、新型コロナウイルスの感染拡大に関連した解雇や雇止めの人数(見込み含む)は31,710人になった。

次のニュース一覧へ

このページのトップへ

人事労務のことなら、松本社会保険労務士事務所へお任せください。

Copyright (c) 松本社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.